TOEICを超えた読解力を!『1日1分!やさしく読める フィナンシャルタイムズ&エコノミスト』

投稿者: | 2013/05/04

数カ月前に読み終えていた書籍なのですが、
記事にしていなかったので備忘録として残しておきたいと思います。

『千本ノック』シリーズで有名な中村澄子先生が
TOEICとビジネス英語の架け橋をかけたいという想いから出版されたシリーズの一冊。

『1日1分!やさしく読める フィナンシャルタイムズ&エコノミスト』

(中村澄子/祥伝社黄金文庫)

帯の文言である

「もうTOEICだけでは世界で取り残される!」

に強いメッセージが表れていますね。

タイトルにもある「フィナンシャルタイムズ」や「エコノミスト」を、
ビジネス英文を読み慣れていない人向けにリライトされた文章が計50本掲載されています。
1章に10本の記事があり、段階を踏んで第5章まで用意されていますので、
自分の壁となっているレベルがわかりやすいのはいいところですね。

左ページに英文、右ページに和訳と語注というシンプルなスタイル。
これもまた読み進めやすいポイントの一つと言うことができます。

また、新聞や雑誌は背景知識があるかどうかで英文の読みやすさがずいぶん変わりますが、
「参考」として関連知識が紹介されているコラムがあります。

「フィナンシャルタイムズ」や「エコノミスト」をそのまま原文で読もうとすると、
負荷がかかりすぎてキツい方にはオススメです。
和訳と語注、参考があれば、なんとか読み進められるレベルにリライトされていますから。

TOEICのスコアアップ(主に Part 7)とビジネス英語の力をアップさせることが
本書の目的になっており、それに貢献してくれることは間違いなしの一冊です。

TOEICのPart 7の文章に読み飽きた方や
Part 7の文章よりもう少しレベルの高い素材に触れたい方はぜひ。

ただ、Part 7のスコアをとにかく上げるだけでいい、という方は、
『読解特急』など本番のPart 7の素材にとにかく触れていくほうがいいと個人的には思います。
英字新聞を読んだり、英語のニュースを聞いたりすることと同様、
TOEICのスコアアップに若干の遠回りにはなりますからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください