瞬間英作文で英会話力を高めたいなら『毎日の英文法』

英語学習を行う上で主流となっている学習法がいくつかあります。
その中で、スピーキング力を高める上で「瞬間英作文」が有効と言われていますね。
先日の「週刊ダイヤモンド」でも多くのページを割いてご紹介されていました。

火をつけたのは森沢洋介さんでしょう。次の書籍を手にとったことのある方は多いはず。

一番最初の教材『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』

学習法がまとめられた『英語上達完全マップ』

です。

TOEICで満点を取得し、スピーキング力を高めようと思った私は、
「瞬間英作文」を学習の中に取り入れていこうと考えたわけです。

しかし、どうもしっくり来ませんでした。
というか、それよりもいい本が見つかった、というほうが正しいでしょう。

その本とは

『毎日の英文法』

毎日の英文法

 

 

 

 

 

 

 

 

です。

 

なぜこの本なのか。

ぼくが『毎日の英単語』の制作に携わっているから、ではありません。
以下に理由を挙げてみます。

 

まずは、この本の特長を引用したいと思います。

 

①話すために必要な英文法の基礎が網羅されている
②英語ネイティブがリアルによく使うフレーズだけでつくった

 

①は当たり前ですね。森沢さんの本でも当然おさえられています。
ただ、項目数が多いのが気になりました。『毎日の英文法』はぎゅっと凝縮して55項目に厳選しています。

また、②に大きな違いがあります。森沢さんの本ではこの点が考慮されていません。
つまり、練習として使っている素材を実際の会話で使わない可能性がある、ということですね。
せっかく練習しているならば、そのまま表現を使えるほうが絶対にいいです。

 

次に、英文を自分の中にストックしやすいように、例文の長さに配慮してある点がよいです。
「マジックナンバー7」をご存知ですか? 次の引用部分、長くなりますがご覧ください。

 

例文を聞いて、それを真似するように暗唱すること(リッスン&リピート)がトレーニングの基本となりますが、たとえ簡単な例文でも、文章が長くなると、慣れていない学習者は、リピートできなくなってしまいます。
その点、本書の例文の長さであれば、英語のアウトプットに慣れていない学習者であっても、暗唱することが可能です。例文のほとんどは7ワード前後の単語でできているのですが、これはヒトの記憶が「7±2」の事柄ならスムーズに記憶できるようにできているからです(これを「マジックナンバー7」といいます)。

 

いきなり長い英文をアウトプットしようとするのはハードルが高いですもんね。
その点を考慮してくれているのはありがたいです。
この引用部分にある通り、瞬間英作文用として作られた一冊ではない(=暗唱用)のですが、
上記のメリットを考えれば、瞬間英作文用として使わない手はありません。

 

『毎日の英文法』の「はじめに(本書の効用)」のPDFがアップされていますので、そちらもぜひご覧ください。
※中段の〈特別掲載〉のところにありますので、そこからダウンロードしてください。

また、以前、英会話力の基礎を作る上で役立つ本とその使い方を紹介しました。
こちらの「NAVERまとめ 英会話基礎力づくりに効果的なオススメ英会話本」もご参考になれば幸いです。

 

以上、ぼくが現在日課としているスピーキング練習の本のご紹介でした。