TOEICで求められる「速読力」とは何だろうか(Part 2)

投稿者: | 2014/04/17

TOEICのPart 2で求められる「速読力」の話ではなく、昨日の記事の続きです。

glasses-219734_640

この記事では「速読力」と言うなれど、単に「スピード」だけではなく、
返り読みをしない「正確さ」も必要だというお話をしました。

 

とはいえ、「スピード」に関して気をつけていることがあります。
言語にかかわらず、無意識的に行われている方がおそらく多いはずです。

 

それは、

「メリハリをつけて読む」

ということ。

決して一定のスピードで読んでいるわけではない、とも言い換えることができます。

 

ここで、E-mailの文章を読んでいると想像してください。
文章の中で、
I’m writing to let you know that ….
に出会ったとします。

 

皆さんはこのかたまりをどのように処理しますか?
「私が(Eメールを)書いているのは…を知らせるためです」と日本語にしますか?

 

ぼくの場合は、さっと目を通し(=速いスピードで読み)「次が重要」と構えます
つまり、スピードを落とすというわけです。

 

なぜか。

 

このかたまりは「Eメールの目的をこれから述べます」という合図でしかなく、解答に関与しないためです。
そのため、スピードはできるだけ上げて、処理することを心がけます。
いちいち日本語に訳している感じはありません。
ほかには、(解答に関与する場合もありますが、)例が示される場所に関しても、
前の部分で言っていることがわかっていれば、意識的にスピードを上げるようにしています。

 

一方、その後に来るであろう、解答に関与する(しそうな)ところはスピードを落とします
もし解答に関与しなくとも、「大事なことを言いそう」だと判断するところも同様です。

 

このあたりの見分けは、多くの文章に触れていくことや解答に絡みそうな表現がまとまっているものを参考にするといいでしょう。
『基本例文 700選』はそのあたりがコンパクトにまとまっていた印象です。


 

「ただ単に速く読めばいい」という話ではない、という結論は前の記事と同様なのですが、
「速読力」を語る上で、「メリハリ」は外すことのできないキーワードでしたので補足しました。

皆さんの考える「速読力」もお聞かせいただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください