「1日100問」チャレンジの途中経過です

投稿者: | 2014/08/26

とある方から「どの教材を使っているの?」という質問があったため、記録として残しておきます。
基本的に「100問」はリーディングを解くようにしています。
リスニングは TOEIC の素材ではなく、別の素材で耳を慣らすようにしているためです。

 

そのリーディングを100問解く場合のパターンとしては2つ。

 

  • Part 5,6 用教材(例.千本ノック、メガドリル)と Part 7 用教材(例.読解特急)の併用
  • 模試のリーディングセクション

 

前者は正答数を記録していないため、後者のものを残しておきます。

 

超リアル模試

TOEICテスト 超リアル模試600問:TEST 1

Reading:98/100
Part 5:40/40(6分)
Part 6:12/12(3分)
Part 7:46/48(SP17分、DP13分)

Part 7 において、選択肢の読み違えという致命的なミスが1問。
普通に読んで間違えた1問。
何度か解いたことのある模試でこのようなミスを犯すのですから、
本番で犯してもおかしくありません。(シャレじゃない…)

 

TOEICテスト 超リアル模試600問:TEST 2

Reading:93/100
Part 5:39/40(11分)
Part 6:12/12(5分)
Part 7:42/48(37分)

気を抜くとすぐにミスを促されるPart 5の問題が2問。
Part 7で想像を入れて選ぶという致命的なミス。
他の作業をしながらの回答ということもあるのですが、
ミスの数やそのミスの内容分析をすると、読みが浅いことが明らかです。

また、最近、語彙の言い換え問題の間違え率がものすごく高いです。
何度か解いた模試の正解率がこの状態では、初見の公開テストで成果は出せません。

 

以下は昨日記事にしたとおりです。

 

TOEIC_既出問題集1200

『既出問題集?(LC+RC 1200)』TEST 4

Reading:95/100
Part 5:38/40(10分)
Part 6:12/12(5分)
Part 7:45/48(42分)

 

同上  2回め(1回めの翌々日)

Reading:100/100
Part 5:40/40(7分)
Part 6:12/12(3分)
Part 7:48/48(SP15分/DP11分)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください