自分の知るフレーズ数と読むスピードの関係

投稿者: | 2014/12/28

最近、読むことに意識を強く傾けているからか、
「読む自分」を客観的に観察するように心がけています。

japantimes

 

どんな文章でもスラスラっと読めるようにしたいものですが、なかなかそうは行きません。

  • 語句
  • 背景知識

を知らないと、とかくキツい場面があるのは普通のことです。

 

ただ、この逆もしかりで、知っていることが多いものはスラスラ読めるわけです。

 

ここ数日で改めて気付いたのは、

「かたまりでとらえられている」

部分はかなり素早く読めるということです。
むちゃくちゃ当たり前のことなのですが。

 

単語はもちろん、熟語と呼ばれているものもそうです。
加えて、例えば I’m writing to inform you that のような
定型表現はかなりのスピードで駆け抜けています。

 

読むスピードを上げるポイントはいくつかあると思いますが、
定型表現を多くストックすればするほど、
そして、そういう目で英文を見るようにすればするほど、
スピードは速くなるでしょうね。

 

どんどんと英語に触れて、自分に身近な表現をストックしていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください