第9回

投稿者: | 2007/08/05
 こんばんは。

なんか最近天気がおかしい気がします。

さっきは雷がなってたし…。地球が心配です。

で、久しぶりにこの書庫で記事を書きます!

とはいっても、中学で出てくる表現ではないので、根本から違うんですが…。笑

中学生の授業をしているときに、紙の辞書をぺらぺらとめくっていたら発見したことなので、

この書庫に入れちゃいます。
その発見したものとは…

chocolate : U ココア

です。

イギリス英語でしか使われないと書いてありました。

知ってるかたもいらっしゃると思いますが、私には驚きでした。

しかも、こんな例文で。

Would you like to have a cup of chocolate?

ちんぷんかんぷんでした。

チョコレート飲めないし。

でも、よくよく考えると、溶かせばココアみたいな感じですもんね。

第9回」への2件のフィードバック

  1. asi**_be*uty*701

    ご無沙汰しております(><) なるほどー イギリスでは逆に板チョコのことをcandy barって言ったりしてchocolateという言葉を使わなかったりするのに、ココアにはchocolateを使ったり…不思議ですね!

    返信
  2. por*or*5

    As!@nさん
    お久しぶりです。candy barですかー。なんかよくわからないですね。同じ英語なら統一してほしいです。笑 でも、こういうところが面白いんですけどね。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください