TOEIC のスコアアップを狙うなら、「己」と向き合え!

投稿者: | 2015/11/18

何の本に出てきたのか忘れてしまったのですが、次のような言葉が目にとまりました。

 

「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」

 

格言ですよね。
誰が言ったのかはまではメモっていません。
この言葉だけがスマホにメモされていました。

 

これを書き残した理由は、常に自分も意識しておきたいことだったからです。
格言を見たときのぼくの脳は次のような判断をくだしました。

 

===
彼=TOEIC
己=自分
===

 

おそらく何人かの方が、ぼくが言う前から脳内変換をしていたのではないでしょうか?

 

「彼」である「TOEIC」を知ることは大事ですよね。
形式はもちろん、どのような問題傾向があるのかであったり、
そういった問題に対して、どのように立ち向かったらいいのかだったり。
さらには、たくさんの問題をこなしたり、とするでしょう。

 

「彼を知り」という部分に対して力を入れている方は多く見ます。
しかし、「己を知れば」というところはいかがでしょうか?

 

ぼくはTOEICで満点を獲得するまで、「己」と徹底的に向き合ってきたと思いました。
ところが、まだまだここが甘いな、と反省させられる今日この頃です。

 

いくらたくさんの問題を解いたとしても、
自分の間違える癖を認識しなければ、
危うい回の TOEIC が出てきてしまうのですよね。

 

ぼくの場合では、ここ最近、Listening で満点を逃していたのは、
「己」を知ることができていない証拠でしょう。
「己」に知らないところがあれば、どこかで頭打ちになってしまうのです。
百選のうちのどこかである本番で失敗してしまうのです。

 

自分で問題演習をしたり、音読をしたり、
さまざまな学習をする中では常に「己」の存在を
意識し続けることがスコアアップにつながるのでは、
と考えさせられた格言でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください