『新TOEICテスト 文法問題 でる1000問』を100周=100000問

投稿者: | 2016/03/30

以前からブログで何度か書いている『でる1000』の復習について。

TOEIC_でる1000問

 

未だに、毎日欠かさずに続けるようにしています。
1日48問」がノルマで、一気に48問にトライすることもあれば、
スキマ時間に解いては止めてを6回繰り返すこともあります。

 

ぼくは別冊の「文法問題1000本ノック」を使用しているのですが、
今は10周は終えたでしょうか…だいぶ見たことのある問題が増えてきました。

 

一方で、英文内容が新しく見える問題があるのも事実です。

 

問題で問われるポイントはさすがに既視感があります。
ですが、内容です。
内容を読んでいると「こんな話、あったっけ?」という感覚に襲われます。

 

非常にまずい。

 

基本的に、Part 5 の文法問題であろうが、内容が頭に残るくらい繰り返すことを心がけています。
だいたい一冊を10周もすれば覚えるものなのですが、いかんせん量が多いのが『でる1000』です。

 

他の Part 5 の問題集は約100問ほど掲載されていて、それで10周ですから、
約1000問が掲載されている『でる1000』は、その10倍の100周が目安でしょうか。

 

おそらく100周もやる前に頭に残る気もしますが、
一つの目安として、解き続けてみたいと思います。

 

1019問×100回=101900問

 

延べ10万問。
すごい数字ですね。
テンションが上がってきました。
粘り強く頑張っていきたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください