1000円以下!Kindle で揃える、おすすめ TOEIC 本ベスト3+1

投稿者: | 2016/08/06

 

Kindle をお使いの方はどのくらいいらっしゃるのでしょうか。

Kindle unlimited(月980円で読み放題)が利用できるので、使い始めた方もいるかもしれません。

ぼくは日本語の本がメインですが、持ち歩きが便利でよく使っています。

 

そこでふと思いました。

「TOEIC の学習にはどこまで使えるのだろう」

と。

「Kindle は紙面が1ページ表示で見にくいから使えない」

だなんて思っていましたが、間違いでした。
ごめんなさい。

 

なので、実際に購入をしながら、ぼくが「使える」と判断した TOEIC 本を厳選してご紹介します。
Kindle unlimited で読めるのかどうかも記しました。
そして、合わせてオススメの使い方も記しておきたいと思います。

 

結論:
紙の本では一冊で吹き飛んでしまうほどのお金で十分。
合計1,780円で相当量の TOEIC の英文と問題に触れられる!
(少し我慢をすれば、3冊で980円で済む!)

 

 

 

Part 5 形式の単語集です。
問題(1問)の次のページに解説というスタイルで進むため、Kindle でも読みやすいです。
同じ特急シリーズの『でる単特急 金のフレーズ』も人気がありますが、
紙面が見やすいことから『単語特急』に軍配が上がりました。

Kindle unlimited で読めます。

 

<使い方>
100問ほど収録されているので、どんどんと解き進めてください。
Part 5 の語彙問題の勘やそれに伴う関連語句も身についていきます。

また、一周解き終わったら、一文ずつ吟味するように読んでいってください。
短文をしっかりと読めるようにすることが、長文を読めるようになる近道です。

そして、音声は朝日新聞出版のホームページからダウンロードできます。
単語をさらに印象に残すためにも、リスニング力アップのためにも必須です。

 

 

Kindle で Part 7 の対策をするのはとても大変です。
その点、文章と問題が見開き完結する「2」が最も解きやすいでしょう。

しかし、これは Kindle unlimited で読めません…。
どうしても Kindle unlimited で済ませたい方はこちらをオススメします。

 

 

<使い方>
タイトルにもあるように、スピード感を意識して、一気に解き進めていくことをオススメします。
最低1日1セットは挑戦するようにすると、長文を読む自分に慣れていきます。
英文と訳を行き来するのが面倒ではあるため、訳を一時的に写メに撮るなどするといいですね。

なお、こちらも朝日新聞出版のホームページからダウンロードが可能です。
音声を聞きながら、英文を目で追って理解度を確かめてみましょう。
音声のスピードで理解がスムーズにできることが、速読力アップの証になります。

 

 

他の本よりは値が張りますが、それでも十分お得な値段です。
リスニングの本も Part 7 同様、複数ページを行き来する面倒がありますが、
この本はそのあたりを考慮して作成されていますね。

こちらもアルクのホームページからダウンロードができます。
ただ、メールでやり取りが発生するなど、上記2冊よりはやや面倒です。

Kindle unlimited で読めます。

 

<使い方>
1日約20分、1カ月のプログラムが組まれているため、それ通りに進めればOKです。
タイトル通り、音声のスピードに負荷をかけて学習するため、飽きずに学習できます。
メモを取ってもいい欄が設けられていますが、それが使えないのは難点ですね。

また、講義音声もダウンロードでき、学んだ内容がより一層印象に残る仕掛けが満載です。
(関西弁が苦手な方は大変かもしれませんが、内容の素晴らしさは保証します。)

 

 

以上の3冊が現時点でのベスト3でした。
この3冊だけでむちゃくちゃ学習できますし、効果(=スコアアップ)も期待できます。

はじめの一歩を踏み出すのが怖い方は、ここから始めてみては?

 

ちなみに、Kindle は値段が変動しやすいのでご注意を。
買うならお早めにどうぞ。
(その点、Kindle unlimited であれば心配いりませんね。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください