TOEIC 新形式!韓国の『公式実戦書』を解いたなら、『公式 L&R 問題集 1』は負荷をかけて解こう。

投稿者: | 2016/10/19

【告知】
5月と8月と開講してきた「天狼院 TOEIC パーフェクト・ゼミ」ですが、
第3期として、さらにバージョンアップをして11月から新たに開講することになりました。
すでに問い合わせが何件かあり、面白いメンバーが集まりそうです。

 

【11月開講】パーフェクトスコアラー思考を身につける「天狼院 TOEIC パーフェクト・ゼミ」〜誰でも効率よくスコアアップできる方法とは?成長を実感できる 体験〜《東京・福岡・全国通信対応》

 

 

先日、以下の簡単なレビューを書きました。

 

『公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 1』レビュー(速報)

公式 TOEIC L&R 問題集1

 

 

そこにも記したように、『公式 L&R 問題集 1』は韓国で発売された『公式実戦書』の一部です。
ここには怒りを覚えてしまうのですが、『公式実戦書』を解いた方は別のチャンスがあります。
それは、解き方を変えて、新鮮な気持ちでチャレンジすることができる、ということ。

 

負荷をかけて解く。

 

これだけで同じ問題も違って見えてきます。

 

リスニングであれば、
1.25-1.5倍速で解いてみる。
Part 3, 4 は先読みなしで解いてみる。

 

リーディングであれば、
時間を短縮して解いてみる。
Part 5 はどの問題も全読みしてみる。
Part 7 は文章をすべて読んでから、設問に答えてみる。

 

さまざまな負荷のかけ方があると思います。
「韓国の問題と同じだから」と文句を言うだけでは何も始まりません。
自分なりの工夫をして、取り組み方を変えて活用したいものです。

 

TOEIC 新形式!韓国の『公式実戦書』を解いたなら、『公式 L&R 問題集 1』は負荷をかけて解こう。」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 『公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 2』が発売決定。 | TOEIC990点への道 -日本から出ずに満点-

  2. ピンバック: 『公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 3』のネタ元と使い方 | TOEIC990点への道 -日本から出ずに満点-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください