TOEIC 990点取得者が挑む英検1級結果&対策/勉強法(2017年第3回)

以前、2018年1月に英検1級を再び受験したことをお知らせしました。

TOEIC 990点取得者が挑む英検1級一次試験受験記・速報(201801)

 

それからこのブログで音沙汰なしだったので、
「落ちたのかな」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

自分の頭の整理や振り返りを兼ねて、記録を残しておこうと思います。

 

<一次試験>

まずは結果から。

 

 

そう、ご報告をしていないだけで合格してました!
リーディングとリスニングの素点からしてダメだと思っていたのですが、
ライティングで盛り返すことができました。

 

詳細は

・READING: 26/41
・LISTENING: 17/27
・WRITING: 28/32

です。

 

対策をしていないライティングの実情を話すと、とにかく「ミスを避ける」ことが大切なようです。
「減点をさせない」という考え方ですね。
ぼくが答案で使った一番難しい語彙は allow だと思います。
語彙は使い方を熟知している安全なものを選んでいく姿勢が大事なのでしょう。

 

また、論理構成には気をつけました。
「序論→本論→結論」という型や「トピック→例示」という流れです。

 

ここら辺に注意を払ってミスをしなければ、8割近くは達するようです。

 

たとえ語彙が苦手でも、合格者平均が高いライティングで稼げれば、
一次試験の突破は「夢ではない」のだと再認識しています。

 

<二次試験>
一次試験の合格が判明してから対策を始めました。
1日30分、いくつかのモデルスピーチの音読です。
2015年にギリギリ合格したときと同じ攻め方をしました。

 

日々、音読しながら、音読するだけになっていて、
論点を頭に入れるなどがうまくできなかったのは反省です。
英語を口から出すことには慣れていたのですが。

 

さて、試験当日は試験ギリギリまでモデルスピーチの音読をしていました。
こんなこともありましたなあ。

 

 

2時間待たされて、ようやく受験をしました。
ちょび髭のネイティブ男性と穏やかな日本人女性面接官です。

 

トピックに目を通したところ、どれもピンと来ず、30秒くらい悩んだでしょうか。
それから論点を洗い出したものの、一つしか思いつかない状態で話し始めました。
1つ目はさらっと話し終えて、2つ目はしどろもどろ。
でも、スピーチの中で、モデルスピーチの中に出てきた表現を入れ込めたのは成長かな。

 

面接官が質問でフォローしてくださったのですが、考えたことのない方向にそれてしまい…。

 

「日本語ならまだしも、英語で嘘をつくほど英語力がない」

 

こんな風に実感したことを強く覚えています。
あと、「間違いなく落ちたな」というほろ苦さも忘れられません。

そんなこんなで肝心の結果が発表されました。

 

 

あと10点!
潔く諦めきれないスコア!

 

詳細は

・SHORT SPEECH: 6
・INTERACTION: 6
・GRAMMAR AND VOCABULARY: 6
・PRONUNCIATION: 6

です。

 

不合格だとわかってから、数時間ヘコみました。

 

ただ、ぼくがわざわざ2回目の合格を目指しているのには理由があります。

 

圧倒的な英語力。

 

ここを目指しているのです。
2015年と同様、ギリギリで合格しても仕方がありません。
それであれば、この悔しさをバネにするしかないと割り切りました。
圧倒的を目指して、日々精進していきます。

 

英検1級は再度受験することは間違いありませんが、少し間は置きます。
一次試験で合格した手応えをいつも感じ、二次試験当日を楽しみに待てる状態に持っていきたいです。

 

これでまた2018年の目標が増えました。
やります。