複数のテキストに手をだすメリット

 

ブログの更新をスキップしてしまった……。(再登場)

 

勉強はやっているものの、記録が追いつかない。
もっと簡素にしていこう!

 

<目標>
・2018年11月 or 12月に TOEIC Speaking で180点を取得する
・2018年11月 or 12月に VERSANT で56点を取得する

を掲げて、心機一転スタートした学習です。

 

 

昔は7時起きだった自分が5:30起きに変貌して、朝からバリバリ英語を声に出しています。
そのせいか、エアコンのせいか、喉を痛めました……。
明日からの英語学習をどうするか、起きてから考えます。

 

<やったこと>
・「実践ビジネス英語」15分で3ビニェットオーバーラッピング
・「実践ビジネス英語」15分で1ビニェット暗唱
・「ラジオ英会話」10分で昨日のダイアローグ暗唱

・『頂上制覇 TOEIC SW 究極の技術』15分で模範解答を暗唱

・『THE Effective Executive』20分読書

 

<気づき>
やったことを見ればわかる通り、会話系に寄っているのですが、
重なる表現が出てきて定着度が上がりそうです。
これは複数のテキストに手を出しているおかげですね。
クロスリファレンス。違うか。

今まで試験対策が中心だったので、その辺は楽しみながら学習できています。