ルーティン学習は結果につながる?

 

ルーティンを疑え!

 

人間は変化を嫌う動物と言いますが、まさにその通り。
ルーティンは続けやすいものの、継続が成果に結びつくかは別問題
自分のルーティンが結果につながっているかは常に検証しなくてはなりませんね!

 

<目標>
・2018年11月 or 12月に TOEIC Speaking で180点を取得する
・2018年11月 or 12月に VERSANT で56点を取得する

を掲げて、心機一転スタートした学習です。

 

<やったこと>
・「実践ビジネス英語」15分で3ビニェットオーバーラッピング
・「実践ビジネス英語」10分で2ビニェット暗唱
・「ラジオ英会話」10分で本日のダイアローグ暗唱

・『THE 7 HABITS OF HIGHLY EFFECTIVE PEOPLE』25分読書

・TOEIC Part 2(30問)を1,25倍速で回答

 

<気づき>
ルーティンのおかげで英語学習時間は確保でき、力は伸びている感じはあるのですが、
目指している方向とずれてきているのではないか、という印象です。
正直、今は9月の TOEIC L&R がある関係上、意識が持っていかれています。

しかし、このままでは11 or 12月の目標は達成できないので、
軌道修正を行っていきたいところです。