『パワー音読(POD)入門』1日10分で英語を話す筋力と反射神経を鍛え隊

TOEFL が終わって「どんな形で英語に触れていこうか」と考えていたところ、
次の新刊が目にとまりました。

 

 

と同時に、「以前使っていた『パワー音読』の教材をどうしたっけ?」と思い、引っ張り出してきました。

 

 

そして、「鉄は熱いうちに打て」的な感覚で、早速取り組んでみました。

 

何と WPM が爆発的に上がり、成長しているっぽいではありませんか!
これは新刊が出るまでのいいトレーニングになると思い、取り組むことに決めました。
成長記録を以下のシートに残して、可視化していきます。
(サボったことも可視化されます)

 

https://docs.google.com/spreadsheets/d/14lNBanKgS0wpuHxKpae5hVR7iZNsJBDrA-fpagHALTA/edit?usp=sharing

 

結論から言うと、

一緒にやりませんか?

 

期限は新刊が出るまで、です。
新刊が出たら、それ以降はそちらの本で継続してもいいかもしれません。
ひとまずはこの『パワー音読入門』でやってみたい人を募集します。
もしご一緒できる方がいれば、一緒にシートを埋めていきましょう。

 

シートには、POD の最後のステップである「タイムアタック音読」を数字で示しています。
「タイムアタック音読」は制限時間5分で、スピードを追い求めながら、英語と感情を直結させることが肝です。
カズさんはこの本の中で次のように書かれています。

 

一度無意識のレベルに落とし込んだ技は自分でいかようにも変化させることができ、あらゆる局面で私を助けてくれます。

 

「タイムアタック音読」を行うことで、間違いなく無意識レベルに刷り込まれていく実感があります。
ブログのコメントでも Twitter のメンションでも何でもご連絡くだされば!