Tag title

Autem vel eum iriure dolor in hendrerit in vulputate velit esse molestie consequat, vel illum dolore eu feugiat nulla facilisis at vero eros et dolore feugait.

Tag Archive

今日の #TOEIC 復習単語 persuasive

 

TOEIC 講師でありながら、予備校講師である morite2(森田鉄也)先生をリスペクトした記事です。
悪く言えば、TOEIC に出てきた語句を紹介する「TOEIC 復習単語」のパクリ記事です。

 

近々公開しますが、第222回 TOEIC L&R 公開テストのスコアシートが返ってきました。
数字はひどいものなのですが、ありのままを告白してみようと考えています。

 

一つだけ事前にお伝えすると、「語彙」の項目は100%でした。
ですので、今日ご紹介する単語が正解だったことはほぼ間違いありません。
本番時に pervasive と見間違えたことで、強く記憶に残っています。

 

persuasive

 

英辞郎のページはこちらです。このページから例文を引用させていただきます。

 

His speech wasn’t quite persuasive enough.

 

「説得力のある」という意味の形容詞として覚えておきたいですね。
動詞の persuade は馴染みがありますが、形容詞はあまり見ないと思います。
動詞の反意語には dissuade(〜を思いとどまらせる)というものがありますね。

 

これを機会に押さえておきましょう。

 

さらに印象強く覚えてもらうために、英英辞典の意味も記しておきます。

 

able, fitted, or intended to persuade

 

パッとしない説明ですが、「説得するだけの力がある」ということでしょうか。

 

おそらく persuasive はどの単語帳にも掲載されるような単語ではないでしょう。
だからこそ、本番という機会を大切にして、使える単語を増やしていきたいものですね。

 

名著である『金フレ』はカバーしています。
さすがというか、最強というしかありませんね。

 

ぼくは同じ特急シリーズでも『単語 特急』派です。


『TOEIC TEST 単語 特急 新形式対策』を高速で解ける理由

月曜日に『TOEIC TEST 単語 特急 新形式対策』を購入してから、
毎日一周は欠かさず行っています。

単語特急_新形式対策

 

今は、一周が10分強で終わるスピードで解くことができます。
ぜひ皆さんにも体感していただきたいスピード感です。
解けると本当に気持ちがいいですから。

 

これは、つぶやきにも書いたように「全文読み」して、意味を理解した上での回答です。
なんで早く解けるんだろう?」とふと思い、思い当たる節を探してみると、見当たりました。
もちろん、『単語 特急』の旧版を解いていた、というのも一つでしょう。
ですが、もっと大きな要因で、大切なことは、次のブログ記事と同じことだと考えています。

 

名著『新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ』のメモが教えてくれた、TOEIC スコアアップの大ヒント。

 

相性のいい組み合わせが頭の中に入っている。

 

これに尽きると思います。
今までストックしてきたフレーズがイキイキとする瞬間です。
「この単語が来たら、これが来るでしょう」という予測がつくわけです。
だからこそ、頭が瞬時に反応してくれるんですね。

 

この予測する力はリスニングにもリーディングにも活きると思います。
次に来るものの予測がつくのですから。

 

購入してからわずかですが、新たに自分の中にストックされたフレーズが増えました。
問題になっているところも、そうでないところも、です。
まとまりをストックする意識で、他の本も改めて取り組んでみようと思います。

 

まだまだ成長していきましょう。

『TOEIC TEST 単語 特急 新形式対策』を解き終えた感想(速報)

Twitter を見ている感じだと早めのゲットでしょうか。
別に早く手にしたからといって、スコアアップするわけではないのですが。苦笑

 

『TOEIC TEST 単語 特急 新形式対策』
(森田鉄也著/朝日新聞出版)

 

 

速報としての感想を箇条書きでいくつか挙げておきますね。
購入される方のご参考になれば幸いです。

 

単語の難易度が上がっている。

morite2 先生が Twitter かどこかでおっしゃっていましたが、本文も選択肢も単語の難易度が上がっています。旧版が出たのは2009年で、そのときよりも試験に出る単語が難しくなっているのは間違いないですからね。時代が反映されている感じです。

 

旧版と同じ問題もありながら、微妙にアレンジされている問題もあり。

まったく同じ問題もありますが、アレンジされているものが思ったよりも多かったです。同じテスティングポイントでも、読みやすい英文になっていたり、難しめの英文になっていたりとバージョンアップが嬉しいです。

 

成績は98/100。

13分30秒で一周を終えました。間違えたのはもちろん新問です。「これを聞いてくるかあ」という絶妙なところを突いてきた問題や、お手上げの問題がありました。ただ、旧版をやり込めていれば、かなりの正答数は確保できると思います。時間もさほどかかりません。

 

この本を用いたセミナーをやろうと決めました。

著者の morite2 先生にご相談してみようと思います。イメージしているのは、土日祝日の半日くらいのぶっ通しセミナー。ご興味があったら、何らかの形でご連絡くださいませ。

 

間違いなく買いの一冊です。

ぼくの中で旧版を超えました。最高の一冊です。毎日のお供になることが決定しました。TOEIC で重要な単語が今まで以上にギュッと詰め込まれているイメージです。