TOEICのスコアアップを狙うなら、仮想ライバルを探せ!

投稿者: | 2013/12/19

TOEIC990点パーフェクトスコアラーが教える本気で使える英語本使い倒し塾《OJiM監督編》の一コマ。

 

O「あの人より先に900点を取ってやるって思ったことがあるね」

p「ぼく、公の場で言ったこともないし、直接言ったこともないのですが、監督をライバル視してました。
絶対に監督より先に990点を取ってやるって意識ながら、頑張ることができたと思っています。」

 

TOEIC学習仲間の中でもスコア帯の近い方は、同じ頂を目指す同志として、切磋琢磨する存在です。
このように言うと、ものすごく聞こえがいいのですが、ぼくの中の感情はもっと生々しいものでした。

 

「負けてたまるか」

1日の学習時間も今までの英語学習のバックグラウンドも英語やTOEICに対する考え方もまったく異なります。
しかし、それは変えようのないことです。TOEICという土俵でスコアを取りにいくことには変わりありません。

もちろんライバルは他にもいました。
個人的な名前を挙げるのは控えますが、会えば仲良しです。
しかし、内心は闘争心メラメラ(笑)ですね。
適度な緊張感があるのでしょうね。

仲のよい学習仲間をつくるのは悪いことではありません。
どんなスコア帯の方でも、頑張りを見ると、やはり刺激になります。
その中でも自分のスコアに近い方をライバルに設定すると、
自分の学習のモチベーションアップにさらにつながると思いますよ。

「あの人をライバルにしていいんだろうか」

そんな遠慮は不要です。

追い抜いてやるくらいの気持ちで!

If you hold back, I’m going to overtake your back!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください