最強の英文法書『一億人の英文法』を10日で読めって言われたけれど、本当に10日でいけるんだろうか?

疑問への結論:「やってみるとできるもんだね」

ぼくが一方的に師匠と呼ばせていただいている大西泰斗先生の代表作である、
『すべての日本人に贈るーーー「話すため」の英文法 一億人の英文法』について。

 

一億人の英文法

 

この本を文法の参考書として、英語学習に取り組まれている学習者は多いでしょう。
先生曰く、「中学生から大学受験生、仕事で英語を必要とする人」までをカバーする一冊ですから。

 

ぼく自身も何か文法で困ることがあったら、この本に頼るようにしています。
「話す」ことに対して、今まで以上に意識が向いた今、改めて読もうと思ったところ、
本書の使い方のところに次のように書いてあるんですね。

 

外国語学習は理屈ではありません。頭の中に十分な語彙力と、使いこなせる文の形を刻み込むことが重要です。英語を話したいなら、文法はなるべく短期間に終わらせる必要があるということです。高校生なら10日以内に本書を読破し、英語の輪郭をつかみとるぐらいの知性と勢いが必要です。大丈夫だよ、カンタンだから。

 

「文法は短期間に終わらせる」という点においては激しく同意です。
文法と聞くと、とっつきづらくて量が多いと感じて、ダラダラと時間をかけがちです。

ただ、文法は英語を使う上でのあくまで最低限のルールですので、早めに終わらせる必要があります。

また、細かな事項に時間をかけてしまうよりも全体像をざっとつかんでから、
改めて細部を見たほうがわかりやすいことは多々あります。

ですので、

「文法は短期間に」

です。

 

とはいえ…。
はたして10日以内で読み終えられるのだろうか?という疑問がわきました。
実際、購入したその日から目を通して、読み終えたときには10日以上経過していた気がしますから。

 

もちろん、すべてを理解しろというわけではなく、
輪郭をつかみ取ることを目的として、
ざーっと読んでいけというのは承知なのですが…。

 

そこで、

「もし大人が10日で読むなら」

というテーマで、
1日あたりに読む分量を自分なりに考えてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。
言っただけでは説得力が薄いので、自分も試してみました。

 


以下、『一億人の英文法』の「目次」を参考に作成しています。
作成したはいいものの、これは結構キツイ分量ですよ…。

 

ここでいくつか、ぼくが取り組む際に気をつけている注意点をご紹介しておきましょう。
きっと「10日で読み進めよう」というときのヒントになるはずです。
・とにかく読み進める
→理解できないところやピンと来ないところには付箋
(あとで戻って来れるようにするため)

・「1回で「覚えられない」「理解できない」のは普通」という意識
→後々、読み重ねていくうえでおさえればいい

 

ということで、目次をもとにしたスケジュール表をどうぞ!!

 

===========
〈Day 1〉
CHAPTER 0 英文法の歩き方
■PART 1:英語文の骨格
CHAPTER 1 主語・動詞・基本文型

〈Day 2〉
CHAPTER 2 名詞

〈Day 3〉
■PART 2:修飾
CHAPTER 3 形容詞
CHAPTER 4 副詞

〈Day 4〉
CHAPTER 5 比較
CHAPTER 6 否定

〈Day 5, 6〉
CHAPTER 7 助動詞
CHAPTER 8 前置詞
CHAPTER 9 WH修飾

〈Day 7〉
■PART 3:自由な要素
CHAPTER 10 動詞-ing形
CHAPTER 11 TO 不定詞
CHAPTER 12 過去分詞形

〈Day 8〉
CHAPTER 13 節
■PART 4:配置転換
CHAPTER 14 疑問文
CHAPTER 15 さまざまな配置転換

〈Day 9〉
■PART 5:時表現
CHAPTER 16 時表現

〈Day 10〉
■PART 6:文の流れ
CHAPTER 17 接続詞
CHAPTER 18 流れを整える
===========

 

こちらのスケジュールで試みた結果、冒頭にも書いたように「やればできる」ことがわかりました。
ただ、分量が分量ですので、大西先生が考えられるほど簡単ではありません。
とはいえ、ぼくの申し上げた注意点を意識すれば、読み切れるのは間違いないでしょう。

 

読み切れるか不安なら、一気に読んでしまえ。