TOEIC 学習が継続できないあなたへ贈る言葉。

ぼくは英語や TOEIC の学習を好きでしています。
一方で、TOEIC の指導をしていると、好きで学習をしているというよりも、
就職活動や昇進など、何かに迫られて学習をしている方が多いです。

立ち模試

 

そんな方にとって、TOEIC 学習をすることは苦痛でならないでしょう。
最近、天狼院書店や「シェーン英会話×Z会」の講座を担当しては、
その想いが強くなったため、今朝、次のようなつぶやきをしました。

 

 

最初はできないことがたくさんあるんですよね。
ぼくもそうでした。
少しずつできない自分に出会っては、成長をしていく。
できない自分と向き合い続けたことで、学習が楽しくなっていくのです。

 

とは言え、そんな自分に出会うためには、続けることがどうしても必要になります。
そこで、そんな風に思っている方々にうってつけの言葉を、
今読んでいる『やり抜く力』(ダイヤモンド社)の中に見つけました。

 

私たちは、新しいことを始めても長続きしないことが多い。しかし「やり抜く力」のある人にとっては、一日にどれだけ努力するかより、くる日もくる日も、目が覚めたとたんに「きょうもがんばろう」と気合いを入れ、トレッドミルに乗り続けることが重要なのだ。

 

毎日、その瞬間に全力を出すことはとても大切なことです。
頑張れないと「今日はできなかったな」とヘコんでしまうものです。
ですが、毎日全力を出すことで息切れしてしまったり、
その力を出すのが億劫になってしまっては元も子もないですね。

 

だからこそ、何かを継続していくためには、
「今日だけをがんばる」ことを繰り返していく意識が大切なのでしょう。

 

まずは「今日」やってみる。
仮にできなかったとしても、次の日に「今日は頑張ってみよう」と切り替えてみる。
自分自身の意識をコントロールして、毎日の学習に臨む姿勢を作りたいものですね。

 

ぼくも「今日」という一日を積み重ねていきたいと思います。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください