Tag title

Autem vel eum iriure dolor in hendrerit in vulputate velit esse molestie consequat, vel illum dolore eu feugiat nulla facilisis at vero eros et dolore feugait.

Tag Archive

【6/1(土)13:00@新宿】長文を読む自分に慣れる!「TOEIC L&R Part 7 徹底攻略講座」《講師:TOEIC 学習歴13年・渡邉淳/ぽるぽる氏》

 

TOEIC の公開テストの日に次のようなつぶやきが飛び交います。
「TOEIC」で検索すると山ほど出てくるのです。

「Part 7 が終わらない」
「Part 7 が難しい」
「Part 7 の対策をどこから手をつけたらいいかがわからない」
「Part 7 の長文を早く読むコツを知りたい」
「Part 7 が終わらないのは単語を覚えてないからだ」

 

TOEIC を受験すると、誰もがぶつかる壁と言っても過言ではありません。
Part 7 という長文問題は読むのに時間がかかるし、答えの根拠も見つからないし。
ネガティブな側面を見つけようと思えばいくらでも見つかります。

 

ぼく自身、TOEIC と10年以上受験してきて、かつ、指導もし始めてから、
何の方針もなく勉強していても正解数が上がらないパートであると気付きました。

 

===
登壇者プロフィール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

渡邉淳/Atsushi Watanabe

1984年、千葉県富津市生まれ。東京外国語大学外国語学部ポルトガル語学科卒業。
留学なしで TOEIC 990点満点、英検1級を取得。
教材制作会社を経て、現在、フリーランスの編集者・ライターをしながら、
東京海洋大学で非常勤講師を務めている。
担当は TOEIC。自身の学習経験をもとにした授業を展開しており、
TOEICの最新傾向はもちろんのこと、学習者目線を忘れない指導に定評がある。
読売新聞や雑誌「PRESIDENT」や「東洋経済」、「日経WOMAN」、「AERA English」での掲載実績もあり。

著書に『1日5分からはじめる! 英語学習手帳』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、
共著に『毎日の英単語』(朝日新聞出版)がある。

一方、porpor(ぽるぽる)という名前で、
ブログやTwitterを中心に、日々 TOEIC に関する情報を発信している。

http://www.toeic990er-for-learners.com/blog/
https://twitter.com/porpor35
===

 

「Part 7 をできるようにしたい」

もしこのように思う方がいらっしゃったら、ぼくの答えは単純なものです。

 

「水を毎日飲むように、毎日たくさん読む」

 

おそらく「これをやりたくてもできない」と反論したくなる方がいらっしゃるでしょう。
ぼくはアドバイスを次のように続けていきます。

 

「TOEIC の対策というと、解き方やテクニックに目が行きますが、それだけではスコアは頭打ちです。英語力そのものを伸ばす経験を積む必要があります」

 

試験対策であれば試験のために学習をすればいいと思うはずです。
しかし、英語力そのものという根本を考えなくてはならないのです。

 

そこで、今回、TOEIC の Part 7 を使って英語力そのものを伸ばす方法を伝授します。
解き方など細かなことは置いておいて、英語と向き合う方法をお持ち帰りください。

 

・スコアが伸び悩んでいる方
・Part 7 に苦手意識を持っている方
・Part 7 を得意パートに変えたい方
・TOEIC の素材を使って英語力を伸ばしたい方

 

1日で Part 7 に対する印象をガラッと変えましょう!

 

お申し込みはこちらのページからお願いします。

【日時】
6/1(土)13:00〜17:00

 

【場所】
新宿駅直結の会議室
*お申し込みいただいた方にのみお知らせします。

 

【料金】
4,000円(税込)
*別途ワンドリンク代(500円)がかかります。

 

【対象】
TOEIC リーディングスコア300点以上

 

【定員】
10名(先着順)

 

【教材】
『TOEIC 既出問題集1000 READING』
*基本的に書店には売っていません。
*TEST 2 の Part 7 のみ解いてきてください。復習は不要です。

Amazon

ハングルプラス書店

ちょいみらい

【講座内容】
(講義)
・ていねいに読むことから始めよう
・ていねいに読む Part 5 の例
・毎日54問を読もう
・54問徹底攻略解説

(ワーク)
・わかりにくい英文を精読・和訳タイム(質疑応答/ディスカッション)
・10パッセージタイムアタック

お申し込みはこちらのページからお願いします。

有料の英語学習イベントに参加する方への注意喚起

TOEICの学習法を共有するイベントを2/11に開催するとお伝えしました。

 

20140127_イベント

 

TOEICのスコアアップ対策は先人から盗め!〜OJiM監督に聞いてみる

 

今回、参加費として5000円と設定させていただいているのですが、
「高くてちょっと…」という印象をお持ちの方がいらっしゃるでしょう。

 

今やブログなどネットで調べれば、学習法はいくらでも出てきます。
先日は動画で学習者どうしで対談を行う、ということもありました。
どんどんと「無料」で情報を取得できる流れがあるわけです。

 

この流れは嬉しく思います。
であれば、今回のイベントも無料で行えばいいという考え方もあります。

 

しかし、「無料」のコンテンツには弱点があると感じています。
その弱点を自分が体感したことが幾度となくありました。
そして、「有料」のコンテンツにしかないものを見出しました。

 

それは<情報を最大限に吸収する覚悟>の差です。

 

サイトで情報を得たり、無料の動画を見たりすることは多くあるのですが、
どこか緊張感が緩んだ状態で、情報を得ている自分がいることに気づくのです。
そして、その情報はオンライン上であることが多いため、余計に緊張しない状態で情報に接しているわけです。

 

一方、有料のイベントに参加をすると「もとを取らなきゃ」という意識が働きます。
貴重なお金と時間を使うわけですから、無駄にはしたくありません
参加したものがオフラインのものであれば、
他の参加者を目にして刺激を受け、ますます緊張感が高まりますよね。
何より情報を発信している方に直接会って話ができるメリットは大きいです。
自分の疑問や悩みをその場で解決しやすいですから。モチベーションもぐっと上がります。

 

裏を返せば、ただ何となく話を聞いているだけでは損をする可能性があります。
自分が何を得たいのかを明確にした上で、イベントに参加することをお勧めします。

 

 

この記事をご覧の方で11日にいらっしゃる方は覚悟をして臨んでください。
その覚悟さえ決めて来てくだされば、多くのものが得られる時間にしてみせます。

英語学習セミナー後に成果を出す人と出せない人

最近、セミナーやイベントを開くことが増えてきました。
運営側としては反応が気になるわけで、アンケートや後日メールなどで感想をいただきます。

「楽しかったです」
「具体的なやり方がわかりました」
「やる気が出ました」

などなど、好意的なご意見をいただくことは嬉しい限りです。
こちらの思いが伝わって、参加者の方の思いを突き動かしたわけですから。

20140127_イベント

しかし。

ぼくとしてはこの感想では満足をしていないのです。
もちろん、セミナーやイベント終了後としては満足なのですが、
その後、数週間後や数カ月後に改めてご連絡をいただくことが目標なのです。

 

「効果が出ました」

「スコアが上がりました」

「あの日から毎日勉強しています」

 

などなど、成果を待ち望んでいるのです。
同じ場にいたとしても、同じ教材を使っていたとしても、人によって成果は異なります。
仕事や家庭など生活が異なるのですから、当然と言えば当然のことだと思います。

ただ、そこが異なるとはいえ、セミナーやイベント後に成果を出すかどうかの分かれ目はあるとも思っています。
それは何だと思いますか?
自分がセミナーやイベントに出て、成果が出たときと出ないときを思い浮かべてみてください。

 

 

ぼくが考える分かれ目とは…

一歩めの行動

です。

 

 

セミナーやイベントに出た直後は「行動を変えよう」という気持ちになっているはずです。
その気持ちになってから、どれくらいすぐに行動に移せるか、とも言い換えられます。
セミナーやイベントの直後にカフェにこもって勉強(復習)をする人が一番早いですかね。
次に、電車などの帰り道→家に帰った後→翌日…というような感じでしょうか。

 

もちろん学習するタイミングによっては行動に移すのが遅くなるのは仕方のないことかもしれません。
ただ、この「仕方のない」という発想自体、捨ててほしいくらいです。厳しい言い方ですが。
「行動に移す」ことを最優先にするくらいの気持ちが欲しいところです。

ぼくは参加者の皆さんの行動を追うことができないため、
肌感覚でしかありませんが、成果を出す人は行動が早いです。

 

この記事を機会に、ご自分の体験を振り返ってみてくださいね。
セミナーやイベントでなかなか成果を出せなかった先輩より。

2013年に参加した勉強会やセミナーで得たもの

イベントやセミナー、勉強会の資料が増えてきましたので、
年末年始という時期もあり、整理整頓をしているのですが、
ぼくの勉強机で「掃除あるある」が起こりました!

それは

片付けているもの(=資料)を見始めてしまうこと。

「あー、懐かしい」
「こんなこともあったねえ」

なんて振り返りながら、話が盛り上がっちゃうわけです。
学習のモチベーションが上がっちゃいます

一方で、

「こんなことをやったっけ」
「この資料、何?」

となることも多いにあり得るでしょう。
学習のモチベーションが下がるので、結局フラット。

palatinate-180958_150

 

 

 

ということで、大掃除など今年の出来事を整理したい方は、今がチャンスかもしれません。
振り返る際のポイントとしては、

  • 得たものは何か?
  • 開始したい(したかった)行動は何か?
  • 今ならではの気づきはないか?
  • 得たかったのに、まだ得られていないものは何か?

といったあたりでしょうか。

特に、TOEICはここ最近イベントが増えてきましたから、参加の頻度を上げた方はなお注意です。
その場のモチベーションは上がったものの、内容の消化不良を起こしている場合がありますから。

かく言う自分も見落としがありましたので、きっちり消化していきたいと思います。
こういった地道な確認が2014年へのステップアップにつながるかもしれません。

KIYOさん主催のTOEIC学習会(9/21)で再び講師役を!

風邪が、というか、咳が止まりません。熱はないし、鼻水は出ないし。
音読がうまくできないため、なかなか厄介です…。

さて、先日の講義に引き続き、
再び、KIYOさんが主催されているTOEIC学習会にて、
講師役をやらせていただくことになりましたので、
お知らせをさせていただきます。

主催者KIYOさんのブログ
(初参加の方はKIYOさんにメールでお問い合わせください。)

9/21にリーディングセクション対策をさせていただく予定です。
今回は、講師役デビューのJunさんと一緒に講義をいたします。
※Junさんのブログはこちら

私の講義では、前回と同様、初中級者向けに講義を行います。
今回はオリジナル問題を皆さんに解いてもらおうかと思っています。
(と言っても、これから作るのですが。苦笑)
Part 5,6でつまずきやすいポイントや
Part 7で解釈に困るところなど厳選して取り上げます。

もしご参加される方でリクエストがあれば、
そちらを出来る範囲で受け付けたいとも考えております。
ご希望があれば、コメントをおよせいただければと思います。

初参加の方は特に緊張され、二の足を踏まれるかと思います。
でも、大丈夫です!不安になったら、ぼくに話しかけてください!
いろいろとお話いたしましょう。

もし何か疑問点があれば、ブログでもtwitterでもいただければお答えいたします。
ご参加をお待ちしております!

※参考になるかはわかりませんが、私の講義後の記事です。
〈1回目の講義〉
http://blogs.yahoo.co.jp/porpor35/article/375091518.html

〈2回目の講義〉
http://blogs.yahoo.co.jp/porpor35/54088433.html

〈3回目の講義〉
http://blogs.yahoo.co.jp/porpor35/54155327.html